地震や災害に強い家造りで 安心して暮らす
   
近年日本は地震の活動期に入ったと言われます。地震時に大切な家族の命を守ることも重要です。

全棟構造計算で強度を確認します
自然工房では新築物件は1棟1棟構造計算により安全性を確認します
主な構造体は国産材、無垢で強度と耐久性が高い
主要な構造体は無垢の国産材、県産材を使用し強度が建設時のみではなく長期間持続することを大切にします。(標準仕様 土台、大引き:桧 管柱:120角桧 通り柱:135角桧 梁桁:杉、米松 垂木:60角桧 全て無垢材)
制震構造
2016年の熊本地震では震度7の地震が2回、震度5~6の地震が16回/2週間にわたりおこるという今までの想定外の地震でした。繰り返しの地震に耐える制震工法をお薦めします。







リンク  株式会社住宅構造研究所


万一災害にあった時の対応も考え家を作ろう
東日本大震災後を暖房なしで楽に暮らせた家
自然工房の高断熱、高気密の建物Q1.0住宅なら 冬電気等暖房ができなくても極端に寒くはなりません。断熱性能の高い家は あの寒かった東日本大震災の時暖房ができなくても楽に暮らせたました。いざという時安心です。




おすすめ仕様
停電、灯油ガスがなくても 木があれば暖かい薪ストーブ
停電しても 水道が止まっても使える 節水型便器
停電しても使用可なガッチャンポンプ+井戸
太陽光発電と充電システム
雨水タンクで使い水の確保
・・・・他 ご相談ください。





一級建築士事務所 自然工房  併設    代表  熊田得男

〒667-0102 兵庫県養父市十二所190
TEL 079-664-0179 FAX 079-660-1069
Mail aloha@sizenkobo.com

              

HOME
①家造りに大切な5つのポイント
②快適に暮らす
③健康に暮らす
④低燃費で経済的に暮らす
⑤地震や災害に強く安心して暮らす
⑥すごいQ1.0住宅
⑦木の家 新築・リフォーム
⑧木の家 自然素材 自然エネルギー
⑨本物のZEHプラスエネルギー住宅
⑩掲載誌・報道
⑪STOP 地球温暖化
⑫MAP
⑬自然工房の紹介
⑭お問い合わせ